テーマ:メンテナンス

換気扇は最低1年に1回清掃が必要です

 換気扇は最低1年に1回清掃が必要です。  台所に設置している換気扇やレンジフードは最低でも 年に2回清掃が必要です、特にレンジフードの場合外部に 取り付けてある屋外用フードも清掃が必要です、なぜなら 鳥や害虫が侵入しないようにルーバが設けています、その ルーバに油汚れが蓄積し、目詰まりを起こし換気能力を 著しく低下させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吹き抜け空間はよく考えて

 室内の一部を吹き抜けにしている住まいが多くありますが 後々のことも考えて吹き抜けにすべきです。  吹き抜けにすることにより開放感が生まれ広く感じられ 快適に暮らすことも可能かもしれませんが後々のメンテナンスの ことを考えると吹き抜けを控えるべきです。  吹き抜けの天井面と壁面との境にくもの巣やほこりが堆積します、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅用火災警報器

 ほとんどの住宅には住宅用火災警報器が設置されている はずです、設置の義務はありますが、罰則規定はありませんが 一番大切で大事な命と住まいを火災から守るためにも設置 すべきです。  設置に関して現場を知らない無知な消防庁では寝室と階段上部に 設置する必要があるとの見解ですがこれは間違いです、火事はいつどこで 発生するか判…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  もっと自分の住まいを大切に大事に活用すべきです。  今現状ではほとんどの方々が住まいを建てる迄一生懸命に 勉強や情報収集されますが、いざ住まいが出来上がった時点で その目標を失い、粗末に扱われています。  一生で一番高価な買い物であり、暮らすうえで一番重要な すまいをもっと大切に大事に取り扱うべきです、その為にも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屋根の材質について

 以前までは日本の屋根の材質は瓦が主流でしたが今は 様々な材質が販売、施工されています。  ・ 瓦屋根    一番耐久性に優れており、メンテナンスの機関も一番    長期です、神社仏閣を見れが解ります。    今は屋根に土を乗せない施工法になったので    重量も少しは軽くなりました。    一番実証されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屋根形状に注意が必要

 建物で一番重要で、重視すべき個所は屋根だと思われます。  なぜなら一年中暑さ、寒さ、太陽光、雨、風、雪等にさらされ 一番経年劣化が激しく、痛みやすい個所です。  その屋根の形状にも日本には数多くの形状がありますが一番 メンテナンスの容易さからはシンプルや屋根形状にすべきです。 その典型的な形状は切り妻、片流れが一番シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 デザイン重視の住まいは後悔します

 デザイン重視の住まいは後悔します。  特に屋外の屋根や壁面等はシンプルに建造すべきです、 あの丹下健三氏が設計した東京都庁、毎年の雨漏り等で 数億円規模のメンテナンス費用が発生しているとか、 もっとシンプルな屋根や外壁にすれば雨漏り等の被害は 少なくなります。  特に屋根や外壁等は年中、24時間何らかの影響をまとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デザイン重視のすまいは失敗します

 デザイン重視のすまいは失敗します。  特に近年建築家や設計士によるデザイン重視のすまいが 主流となっていますが、この様なすまいに長年住み続けるのは 無理があります、なぜならデザインを重視するあまり経年劣化の 対策が不十分になります、また、住み手の年齢変化に対応できない 場合が多々あります。  住まいとはその住まいに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅は建ててからが一番重要です

 我が家を建てるのは人生一代の大事業かもしれません、 その大事業に関して余りにも無関心すぎます。  我が家を建てる前が夢で、色々と勉強されるようですが 一度建て終ると全く無関心になり、その後の清掃やメンテナンスなど 全く不要だと勘違いをし、お金を費やしていません。  どの高価な建物でも建築後から少しずつ痛み出します、特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すまいとは

 人生で一番の高価な買い物はすまいだと思います、 また、仕事や、家庭など生活する上で一番重要な 基盤ともいえるのがすまいだと私は考えています。  ただ残念な事にすまいに関心を持ち、注意深く自分の 考えに適したすまいを創られている方が少ないのが現実では ないでしょうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more