日本の住まいは土足で使用しない

 日本の住まいは決した土足で使用せず、必ず 靴を脱ぎ室内にあがります、その為に内玄関には 段差が設けられています。  それが最近の自称建築家が「バリアフリー」との考えで その段差を無くしフレットにし、土足の箇所だけ「マット」を 敷き詰めている住まいが多くなっています。  これは間違いです、幾ら「バリアフリー」化といえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大切な住まい清掃は毎日すべき

 多額のローンで一生に一度か二度しか住まいを購入 できない人がほとんどです。  こんなに大切で重要な住まいをなぜお粗末に取り扱うのですか 幾ら仕事が忙しいと言えども、年々家事は楽になり、 高性能の電化製品が販売され、購入しているにも 係わらず清掃をしない家庭が多くなったいる。  ゴミ屋敷同然の住まいも決して少なくあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高気密、高断熱仕様住宅は危険

 高気密、高断熱仕様住宅は不健康で危険です。  たしかに室内の熱が逃げ出さないので光熱費は 安くなりますが、室内で発生した汚れた空気はどこへ 逃げ出しますか。  24時間換気が設置されているので大丈夫だと 過信されているアホが居ますが、そんな少しの 換気で汚れた空気全てを排出できる訳がありません。   また、2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット家電は極力使用すべきではない

 年々増加傾向にある「ネット家電」は極力使用すべきではない、 できれば購入すべきではない。  なぜならネットに接続されている「パソコン」や「スマホ」は それなりにウイルス対策を既に実施されていますが、「ネット家電」 までウイルス対策を講じているのはごく僅かです。  現状では「ネット家電」を購入すべきではない結論です、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詐欺まがりの商売

 年々ハウスメーカや設計事務所等がゼロエネルギー住宅とか 光熱費ゼロと言ったうたい文句でアホな客を集客しているようです。  こんなゼロエネルギー住宅とか光熱費ゼロなど存在しませんし、 健康に最悪です、なぜならこの様な条件で暮らすには窓を開放する ことはできません。  毎日の掃除の際や湿気の排出や換気の際必ず吸気が必要で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建築家や設計事務所が住まいを悪くした

 日本の住まいは年々悪化している、その最大の原因は 建築家や設計事務所、ハウスメーカ等である。  ・ 日本の風土に適した建築工法を導入せずに単に短期の    試験結果だけでその建築工法がベストだと決め付け後々の    責任を取らないのが事実です、 日本古来の建築工法には    長年に渡りその実績があるのは事実です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東芝製品は使用すべきではない

 東芝製品は絶対使用すべきではない  東芝全製品まともな製品など存在しません、関西地方なら 東芝製品を余り使用しませんが、関東地方では東芝製品を 多く使用していますが、今後絶対東芝製品を購入、販売等に 使用してはいけません。  不正会計を平気で実施し、それがまともだと信じる無責任企業 企業のトップがこの様な姿勢ですの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

築25年以上経過した中古住宅は購入するべからず

 築25年以上経過した中古住宅は購入するべからず。  全てとは言いませんが25年以上前に建築された 中古住宅の基礎部分に大きな欠陥があります、その当時では 今では標準仕様となっている「ベタ基礎」ではなく「布基礎」であり 廻りだけコンクリートで床下が土のままの状態がほとんどです。  この場合床下は常に湿気の影響を受けます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅基礎は高くすべき

 頻繁に起きる床下浸水や床上浸水の対策として 住宅基礎は高くすべきである。  豪雪地帯で見られるような1階部分を駐車場にし、 2階から上に住居部分を設けると床下浸水や床上浸水の 影響を受けることは少なくなります。  豪雪地帯のような1階部分を高くしなくてもせめて基礎部分を 50cm以上にすれば多少なりとも床下浸水や床…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住みよさとは

  先日住みよさランキングが発表されました。   http://toyokeizai.net/articles/-/176683  この結果をまともに信じて移住する方は居られないと 思いますが、今の日本人バカが多いので、そのまま 信じ移住を考える人も居るかもしれません。  このランキングあくまでも参考であり、約3割…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

部屋の広さが違いすぎます 

 関西と関東では余りにも部屋の広さが違いすぎます 。  一般的使われるのが何畳とかで表現されますがこの 何畳自体の大きさに違いがあります。  関西方面では大きく、関東方面では小さいです、実体験で 関東で8畳といわれる部屋の大きさは関西では7畳程度しか ありません、一回り部屋の大きさが関東の方が狭いです。  我が家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野県の建築費は割高です

 長野県の建築費は都会に比べて割高です。  長野県技術や能力は3流、値段は超1流です。  特に松本周辺は長野市周辺よりも1、2割程度割高です、  長野県は公共事業で成り立っている田舎の県です、 公共事業がなければ暮らせません、その観点から 建築屋は公共事業費を安く、民間事業を2,3割上乗せし 仕事を受注しているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無能でアホな素人を騙すのは簡単です

 無能でアホな素人を騙すのはとても簡単です。  特に住まいの外壁の汚れに目を付けて、このまま放置すると 雨水が建物内に浸み込み腐ったりしますと上手い文句で 外壁塗装を斡旋する悪徳業者が数多くいます。  サッシュ廻りの汚れの状態です  こんな庇もない状態で幾ら外壁塗装をしても数年後にはまたまた 雨水の汚れが発生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住まいには絶対庇が必要です

 数十年前から俗に言う「建築家」や「設計事務所」「ハウスメーカ」等の 建物では庇を設置していませんが、後々絶対後悔するので庇を設置 すべきです。  庇を設置しない理由は単にデザインと施工費のカット目的でしか ありません、長年に渡り住み続ける住まいに単なるデザインや施工費だけの 理由で設置しないのは間違いですし、彼らは住まい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の中古住宅はなぜ流通が少ないのか

 欧米に比べてなぜ日本の中古住宅は流通が少ないのか?????  その理由は日本人は住宅を購入するのが最大の夢物語で購入すれば その夢もなくなり、達成感に溺れ、その後メンテナンスどころか清掃も しないのが現実です、 その証拠に普段の掃除など家具のない箇所だけ 掃除をします、また、最悪なのはロボット掃除機を利用して掃除をしそれで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

持ち家を持つべきか

 私個人的な考えでは持ち家を持つべきだと考えます、 なぜなら社会的に信用や多少の資産としての価値があると 考えます。  この世の中である程度成功した人や会社の全ては必ずといって 不動産を所持しています、サラリーマンでも同じで会社で出世している 人は持ち家を持っています。  またある企業に就職し、その会社自体も不動産が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住まい建設は十二分に考えるべきです

 住まい建設、購入は十二分に考えるべきです。 http://news.mynavi.jp/news/2016/12/04/010/?google_editors_picks=true  人生で最大の買い物です、また、一生に1度しかない場合も 多々ありますので慎重に十二分に考えるべきです、ただ余り 考えすぎると建設や購入す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下水管の清掃点検を

 年に一度下水管の清掃点検をすべきである。  あの博多駅前の道路陥没事故があるように住まいの 下水管の清掃、点検をすべきである、特に排水会所には ゴミが堆積し、流れが悪くなっている場合が多々あります。  また、排水会所と下水管との接続部分から漏水することも 度々あります、2階からの漏水なら発見できますが、土中の漏水は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トイレにはトイレ専用スリッパが必要

 最近トイレにトイレ専用スリッパが備え付けられていない 住まいが年々多くなっていますがこれは間違いです。  トイレも水洗となり、昔に比べて綺麗にはなりましたが やはりトイレはトイレです、必ずトイレ専用スリッパを 備え付けるべきです。  トイレ専用スリッパが備えられていない住まいなど不潔です、 トイレ内のゴミや汚れを居…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹脂サッシユのお粗末さ

 我が家では樹脂製サッシュを使用していますが、その掃除に関して お粗末なこと、掃除やメンテナンスのことなど一切考えずに設計、施工、 販売したとしか考えられません。  樹脂製サッシュと言えども本体は従来通りのアルミサッシュです、その アルミ本体の一部に樹脂を取り付けているのが現状です、下記のサッシュの 下部分の写真は次です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more