建築家や設計事務所が住まいを悪くした

 日本の住まいは年々悪化している、その最大の原因は
建築家や設計事務所、ハウスメーカ等である。

 ・ 日本の風土に適した建築工法を導入せずに単に短期の
   試験結果だけでその建築工法がベストだと決め付け後々の
   責任を取らないのが事実です、 日本古来の建築工法には
   長年に渡りその実績があるのは事実です。

 ・ ここ10数年前からデザイン重視の住まいがもてはやされています
   確かにデザインも重要ですが、それ以上に周りの住宅環境に
   マッチしたデザインを取り入れるべきです。
   こちらでは日本建築、隣はログハウス風やヨーロッパ風など
   その住宅地域のバラバラのデザインでは都市景観が壊れます、
   諸外国では統一されたデザインでその住民や外来者にも気持ちよい
   空間が生まれています。

 ・ デザインを重視するあまり、中古住宅の流通が上手く機能しないのも
   このせいです、他人はそのデザインが気に入るとか限りません、
   住まいのデザインは無能な建築家や設計事務所の単なる売込みでしか
   ありません。

 ・ 無能な建築家や設計事務所ほど奇抜なデザインを取り入れ、日ごろの
   暮らしに不向きです、また、「ひげを伸ばしたり」、「髪の毛を伸ばしたり」し
   その格好も奇抜です、無能だからこそ格好で人を呼びつけるだけです

 ・ 日本で誇れる建築家や設計事務所の建物が今後100年を経過して
   残っているのは・・・・・・、ほとんど解体されているのではないでしょうか




   
   

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック