築25年以上経過した中古住宅は購入するべからず

 築25年以上経過した中古住宅は購入するべからず。

 全てとは言いませんが25年以上前に建築された
中古住宅の基礎部分に大きな欠陥があります、その当時では
今では標準仕様となっている「ベタ基礎」ではなく「布基礎」であり
廻りだけコンクリートで床下が土のままの状態がほとんどです。

 この場合床下は常に湿気の影響を受けます、当然「白アリ」の
被害も多くなります、幾ら床下換気扇や床下除湿剤を多用しても
効果は少ないです。

 住まいは基礎が一番大事です、基礎が悪くては幾ら上部が
良くても不安定で、地震に耐えることはできません。

 実際我が家もこの被害で悩んでします。

 大雨が降り続くと基礎部分が土中の湿気を吸い込み濡れてきます、
当然床下は濡れているのは間違いありません、年に1回床下に
潜り「白アリ」等の被害が発生していないか点検しています。

 住宅の基礎は「ベタ基礎」が基本中の基本です、また、出来ることなら
建物の壁を支える縦の部分と地面に接する横の部分を一度に、同時に
コンクリート施工すべきです、この方法を採用することにより
縦、横のコンクリートの隙間がなくなり、「白アリ」は侵入しなくなります。

 しかしながら現状では縦、横と2回コンクリート施工しますのでその間に
隙間が発生し、そこから「白アリ」が侵入する危険性があります、
こんな箇所から「白アリ」が侵入しないと言う偽専門家がいますが
信用すべきではありません、事実私もこの事実を確認しています。

 「白アリ」は隙間のないような箇所でも見つけ出し侵入します。

 ただ床下前面をコンクリートで仕上げた場合、最近の大雨で
床下浸水、床上浸水した場合、その排水に悩みます、

 この様な観点から床を高くし施工すべきです、大雨が降り続いても
決して床下、床上浸水しない程度まで高くすべきです、最善な方法は
住宅の1階を駐車場にする方法です。

 中古住宅はその土地や地域環境の良さで購入するのは賛成
しますが、単に住まいとの考えなら購入すべきではありません、
日本人のほとんどが購入後の住まいの手入れをせず、放置状態
ですので当然痛みが酷いです。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック