テーマ:実体験

住宅ローン破綻が増加しています

 昨晩NHKクローズアップ現代で放映されました    夢のマイホーム購入したのは良いがその後は地獄の 暮らしが待っているのが現実です、頭金ゼロでの購入や 家電製品や家具調度品まで新調し、それもローンに 組み入れる方法では直ぐに破綻するのは事実です。  今の時代もこれからの時代も年収が増える計算式は ありません、良くて現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭金なしでマイホームを購入するな

 最近のバカどもは頭金なしでマイホームを購入する ケースが多いです、マイホームだけならまだ少し 許せますが、それに加えて入居するマイホームの カーテン等のインテリア商品まで住宅ローンに 組み入れる最悪なバカも多いです。  こんなバカの末は自己破産の第一歩です、 昔の不動産業者は今と違ってそれなりに親切でした 頭金は必ず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

むやみに台所を2階に設置するな

 数年前から数年後を見据えた設計ができず むやみに台所を2階に設置する住まいが多くなっています、 その理由に、主婦は日中ほとんど台所に居るので 日当たりの良い2階に台所を設置すれば快適に 家事ができるとの単純な発想です。  しかしその発想は正しいとは言えません、なぜなら 日中に主婦が家に居るケースが少なく、働いている …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

年末の大掃除を

 今年も残すこと20日程度しかありません、 そろそろ住まいの大掃除をすべきです。  掃除のしない住まいには幸福や健康、お金は 増えません、増えるのはゴミだけです。  最新の掃除器具が販売され、それをいち早く購入 される方々が多いですが、いくら最新の掃除器具が あっても、掃除をしないのでは住まいは綺麗になりません。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

壁内の冷気を遮断すべきです

 壁内の冷気を遮断すべきです。  寒くなりと壁面に設置されているスイッチやコンセントの 僅かな隙間から冷気が室内に侵入します、その証拠に スイッチやコンセントのプレートを外すと冷風を体験できます、 また、プレート廻りに汚れを見つけることができます。  これらは全て壁内から室内へと空気が移動している証拠です、 昨今サッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国製品を控えるべきです

 住まいを建築する際、建築家や設計事務所等は好んで 外国製品を使いたがりますが後々のことを考えると 控えるべきです。  なぜなら何年後かには必ず修理や交換が必要になります、 その際その製品の交換部品が直ぐに調達できるか疑問です、 また、その新たに交換する際国産とのサイズや規格が違い スムーズに交換できるかも疑問です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOTO製ウオシュレットに注意が必要

 我が家にTOTO製ウオシュレットを設置して僅か8年程度で このありさまです。    突然ウオシュレット左側面のサイドカバーは外れビックリです、そのサイドカバーの取り付けは 上部は樹脂製で引っ掛け、下部はマジックテープでとめる仕様ですが、そのマジックテープは ボンドで接着しているだけでボンドがたった8年程度で劣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建築家はデザイナーと呼ぶべし

 建築家や設計家等は建築のプロというよりも デザイナーと呼ぶのが最適です。  ほとんどの建築家や設計家等は構造計算はソフトを 使用します、また、設備関係は設備業者に委託します、 自前で図面「パソコン作成」作成するのは建物の 外観、内観等のデザインぐらいです。  特に設備面では全く素人と言えます、今回の地震で 通電火…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

益々悪化する日本の住まい

 年を重ねるごとに益々悪化する日本の住まい。  その最大の原因は自称建築家や設計事務所です、 彼らはデザイン重視で、日本独自の気候など頭にありません、 単に思い付きの発想でしかありません。  日本古来の建築様式は長年の実績があり、長年住み続ける事が できる保障がありますが、建築家や設計事務所で建築した住まいには 長年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の意志で住まいを作るべき

 年々日本の住まいは自分意志ではなく設計家、建築家、 ハウスメーカの考えや意思で建造されるケースが益々 多くなっています。  確かに素人では詳細を把握できませんし、初めて自分の住まいを 建造するので夢を持たれますが、それが後々の失敗につながります。  自分の住まい、自分の生活様式など他人には絶対理解できません、 まし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住まいの点検はお済ですか

 台風21号が通過し、各地で被害をもたらしましたが、 貴方の住まいは大丈夫でしたか????  台風通過を見越して雨戸等を閉められたご家庭が ありますが、雨戸だけでは不十分です、雨戸以外に 住まいの廻りの風で引き飛ばされる物を飛ばないように しっかりと固定したり、家内に移動させたりしましたか  雨戸を閉め、これらの行為…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

詐欺まがりの商売

 年々ハウスメーカや設計事務所等がゼロエネルギー住宅とか 光熱費ゼロと言ったうたい文句でアホな客を集客しているようです。  こんなゼロエネルギー住宅とか光熱費ゼロなど存在しませんし、 健康に最悪です、なぜならこの様な条件で暮らすには窓を開放する ことはできません。  毎日の掃除の際や湿気の排出や換気の際必ず吸気が必要で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東芝製品は使用すべきではない

 東芝製品は絶対使用すべきではない  東芝全製品まともな製品など存在しません、関西地方なら 東芝製品を余り使用しませんが、関東地方では東芝製品を 多く使用していますが、今後絶対東芝製品を購入、販売等に 使用してはいけません。  不正会計を平気で実施し、それがまともだと信じる無責任企業 企業のトップがこの様な姿勢ですの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

築25年以上経過した中古住宅は購入するべからず

 築25年以上経過した中古住宅は購入するべからず。  全てとは言いませんが25年以上前に建築された 中古住宅の基礎部分に大きな欠陥があります、その当時では 今では標準仕様となっている「ベタ基礎」ではなく「布基礎」であり 廻りだけコンクリートで床下が土のままの状態がほとんどです。  この場合床下は常に湿気の影響を受けます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅基礎は高くすべき

 頻繁に起きる床下浸水や床上浸水の対策として 住宅基礎は高くすべきである。  豪雪地帯で見られるような1階部分を駐車場にし、 2階から上に住居部分を設けると床下浸水や床上浸水の 影響を受けることは少なくなります。  豪雪地帯のような1階部分を高くしなくてもせめて基礎部分を 50cm以上にすれば多少なりとも床下浸水や床…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住みよさとは

  先日住みよさランキングが発表されました。   http://toyokeizai.net/articles/-/176683  この結果をまともに信じて移住する方は居られないと 思いますが、今の日本人バカが多いので、そのまま 信じ移住を考える人も居るかもしれません。  このランキングあくまでも参考であり、約3割…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

部屋の広さが違いすぎます 

 関西と関東では余りにも部屋の広さが違いすぎます 。  一般的使われるのが何畳とかで表現されますがこの 何畳自体の大きさに違いがあります。  関西方面では大きく、関東方面では小さいです、実体験で 関東で8畳といわれる部屋の大きさは関西では7畳程度しか ありません、一回り部屋の大きさが関東の方が狭いです。  我が家…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長野県の建築費は割高です

 長野県の建築費は都会に比べて割高です。  長野県技術や能力は3流、値段は超1流です。  特に松本周辺は長野市周辺よりも1、2割程度割高です、  長野県は公共事業で成り立っている田舎の県です、 公共事業がなければ暮らせません、その観点から 建築屋は公共事業費を安く、民間事業を2,3割上乗せし 仕事を受注しているの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の中古住宅はなぜ流通が少ないのか

 欧米に比べてなぜ日本の中古住宅は流通が少ないのか?????  その理由は日本人は住宅を購入するのが最大の夢物語で購入すれば その夢もなくなり、達成感に溺れ、その後メンテナンスどころか清掃も しないのが現実です、 その証拠に普段の掃除など家具のない箇所だけ 掃除をします、また、最悪なのはロボット掃除機を利用して掃除をしそれで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

持ち家を持つべきか

 私個人的な考えでは持ち家を持つべきだと考えます、 なぜなら社会的に信用や多少の資産としての価値があると 考えます。  この世の中である程度成功した人や会社の全ては必ずといって 不動産を所持しています、サラリーマンでも同じで会社で出世している 人は持ち家を持っています。  またある企業に就職し、その会社自体も不動産が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住まい建設は十二分に考えるべきです

 住まい建設、購入は十二分に考えるべきです。 http://news.mynavi.jp/news/2016/12/04/010/?google_editors_picks=true  人生で最大の買い物です、また、一生に1度しかない場合も 多々ありますので慎重に十二分に考えるべきです、ただ余り 考えすぎると建設や購入す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

下水管の清掃点検を

 年に一度下水管の清掃点検をすべきである。  あの博多駅前の道路陥没事故があるように住まいの 下水管の清掃、点検をすべきである、特に排水会所には ゴミが堆積し、流れが悪くなっている場合が多々あります。  また、排水会所と下水管との接続部分から漏水することも 度々あります、2階からの漏水なら発見できますが、土中の漏水は …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹脂サッシユのお粗末さ

 我が家では樹脂製サッシュを使用していますが、その掃除に関して お粗末なこと、掃除やメンテナンスのことなど一切考えずに設計、施工、 販売したとしか考えられません。  樹脂製サッシュと言えども本体は従来通りのアルミサッシュです、その アルミ本体の一部に樹脂を取り付けているのが現状です、下記のサッシュの 下部分の写真は次です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅ローンは定年までに完済すべき

 定年後まで住宅ローンが残っている人が沢山いるとか 住宅ローン完済80歳・・・・。  http://diamond.jp/articles/-/101162  こんなバカで無茶な住宅ローンをすべきではない、 住宅ローンは定年までに完済すべきです、当然その頃に なると当然住まいもリフォームする必要があります、退職金で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 バスタブの排水栓はチェーンタイプを選ぶべき

 最近の浴槽内のバスタブの排水栓はボタンタイプが 多くなっていますが、このタイプを選ぶべきではない。  なぜならボタンタイプの場合、ボタンを操作しているにも かかわらず排水栓が閉まらなかったり、または開かなかったり する場合はあります。  この様な事態に陥った場合排水栓が閉まらなかったなら お湯をバスタブに満たすこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耐震化基準は意味がない

 昨日10月9日、NHKにて「あなたの家が危ない熊本地震からの警告」 という番組が放映されました、その内容は  私たちの暮らしを支える家に「盲点」があった。4月の熊本地震では、 最新の耐震基準を満たす木造住宅が次々倒壊した。マンションや 高層ビルにも及ぶリスクを徹底検証する。  詳細私たちの暮らしを支える住宅に「盲点」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トイレはレバータイプを選ぶべき

 昨晩我が家では夜の10時ごろから翌深夜3時ごろまで 長期にわたり停電となりました、幾ら台風の影響とはいえ、それほど猛烈な 風が吹いた気配はありません。  その停電の間トイレに困りました、その訳は1台のトイレが センサー機能で動作するタイプでしたのでセンサーが機能せず 使用不可でした。  幸いにももう一台は従来式のレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耐震よりも免震にすべき

 住宅の耐震化に補助金を増額するとのこと 果たしてその効果はあるのか疑問です。  住宅の耐震化、現状では意味あるとは考えにくいです、 なぜなら設計段階で構造計算しますが、その計算式は パソコンのソフトを使用しての計算です、以前ある建築家に その旨を質問した時、返ったきた回答が耐震化して地震等で 崩壊した場合でも責任は取れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の建築家、1級建築士は無能です

 日本のほとんどの建築家、1級建築士は無能です。  今後歴史上に残る建築物など日本の建築家、1級建築士からは 生まれません。  なにせメンテナンスのことなど全く考えていません、あの東京都庁の 1年間のメンテナンス費用は億単位の莫大な費用が必要です、これに 2020年のオリンピック、その後のメンテナンス費用は最低でも10…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅ローンについて

 今の住宅ローンは過去最低の金利で負担が大変少なく なっていますが注意が必要です。  幾ら過去最低金利といっても預金金利よりも大幅に割高です、 それに最近は住宅ローンの中に新居に必要な家具や,カーテン、 電化製品も含めて契約される方も沢山居られるとかそれは 絶対お止めなさい、また、頭金ゼロでの契約を止めるべきです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more