テーマ:信用・信頼

住宅ローン破綻が増加しています

 昨晩NHKクローズアップ現代で放映されました    夢のマイホーム購入したのは良いがその後は地獄の 暮らしが待っているのが現実です、頭金ゼロでの購入や 家電製品や家具調度品まで新調し、それもローンに 組み入れる方法では直ぐに破綻するのは事実です。  今の時代もこれからの時代も年収が増える計算式は ありません、良くて現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頭金なしでマイホームを購入するな

 最近のバカどもは頭金なしでマイホームを購入する ケースが多いです、マイホームだけならまだ少し 許せますが、それに加えて入居するマイホームの カーテン等のインテリア商品まで住宅ローンに 組み入れる最悪なバカも多いです。  こんなバカの末は自己破産の第一歩です、 昔の不動産業者は今と違ってそれなりに親切でした 頭金は必ず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラッキング現象に注意せよ

 コンセントに電源プラグを差っぱなしにしていると 自然にその電源プラグプラグの上に埃が堆積します、 その埃が空気中の湿気を吸収しますそれが トラッキング現象です。  単に少し程度埃が堆積しても火事に至ることは ほとんどないと思いますが、これが長年に渡ると 話は別です。  様々なトラッキング現象対策グッズが販売されて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の意志で住まいを作るべき

 年々日本の住まいは自分意志ではなく設計家、建築家、 ハウスメーカの考えや意思で建造されるケースが益々 多くなっています。  確かに素人では詳細を把握できませんし、初めて自分の住まいを 建造するので夢を持たれますが、それが後々の失敗につながります。  自分の住まい、自分の生活様式など他人には絶対理解できません、 まし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット家電は極力使用すべきではない

 年々増加傾向にある「ネット家電」は極力使用すべきではない、 できれば購入すべきではない。  なぜならネットに接続されている「パソコン」や「スマホ」は それなりにウイルス対策を既に実施されていますが、「ネット家電」 までウイルス対策を講じているのはごく僅かです。  現状では「ネット家電」を購入すべきではない結論です、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

持ち家を持つべきか

 私個人的な考えでは持ち家を持つべきだと考えます、 なぜなら社会的に信用や多少の資産としての価値があると 考えます。  この世の中である程度成功した人や会社の全ては必ずといって 不動産を所持しています、サラリーマンでも同じで会社で出世している 人は持ち家を持っています。  またある企業に就職し、その会社自体も不動産が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

耐震化基準は意味がない

 昨日10月9日、NHKにて「あなたの家が危ない熊本地震からの警告」 という番組が放映されました、その内容は  私たちの暮らしを支える家に「盲点」があった。4月の熊本地震では、 最新の耐震基準を満たす木造住宅が次々倒壊した。マンションや 高層ビルにも及ぶリスクを徹底検証する。  詳細私たちの暮らしを支える住宅に「盲点」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トイレはレバータイプを選ぶべき

 昨晩我が家では夜の10時ごろから翌深夜3時ごろまで 長期にわたり停電となりました、幾ら台風の影響とはいえ、それほど猛烈な 風が吹いた気配はありません。  その停電の間トイレに困りました、その訳は1台のトイレが センサー機能で動作するタイプでしたのでセンサーが機能せず 使用不可でした。  幸いにももう一台は従来式のレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅ローンで自己破産しないためには

 住宅ローン金利負担が少なく、家賃を支払う金額で 住宅ローンが支払えると簡単に考え全額ローンで住宅を 購入される方が増加しつつあります。  この手法での住宅購入は恐らく失敗をし、最悪な場合は 自己破産に陥る危険性が大です。  その原因は家賃とローンの返済額が同じでも必要経費は 持ち家の方が断然高いです、そのために生活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

設計事務所の現状

 先日朝日放送が放映している「劇的ビフョーアフター」に関して 裁判沙汰の問題が起きました。  今現在日本には数多くの設計事務所が存在していますが ほんとうに利益を挙げて活動している設計事務所は数える ほどしかありません。  この現状からこのような番組が制作され様々なトラブルや問題が 起きています、「劇的ビフョーアフタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電力自由化

 いよいよ4月から電力自由化が開始されますが あわてる必要はありません。  無能でバカの一つ覚えの各報道機関やコメンターター等は 単に他人の原稿を棒読みし、料金が安くなることしか 語れません、もっと重要な個人情報流失や健康被害等に ついてはほとんど語られていません、その理由は  バカだからです、自ら様々な情報を入手せ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビ番組を信頼すべきではない

 住まいに関してのテレビ番組が度々放映されていますが 信頼するのはおやめなさい。  テレビ朝日系列「大改造ビフォーアフター」の番組がありますが これほどいい加減な番組はありません、その訳は  ・ 匠と称される建築家が度々現場に出向き、荷物を運んだり、   作業の手助けをしていますが、現実にはほとんどその様な   こと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貸金庫を利用せよ

 数年前から家庭内に手軽に置ける耐火金庫の需要が多くなり 入手困難な状況とか・・・・・。  この行為自体は良いことだと思いますが、間違っても多額の現金を 家に保管する行為は絶対避けるべきです、強盗に狙われる危険性が 大です、それよりも銀行の貸金庫を大いに利用すべきです。  貸金庫確かに不便ですが、それゆえに安全です、強…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 電力自由化のトラブル

 電力自由化は今後益々トラブルを発生するのは 間違いありません。  すでに判明しているトラブルは  ・ 健康被害  ・ 個人情報の流失  ・ 電気料金の誤請求です  その電気料金の誤請求については下記のHPを参照ください     http://diamond.jp/articles/-/87044  最近で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット接続の電化製品は要注意

 年々ネット接続可能な電化製品が多く販売されていますが 注意が必要です。  この「IoT」方式を利用している電化製品がすでにウイルスに 侵入され被害に陥っています、その被害も年々拡大しつつあります。  パソコン等は自分自身でウイルスソフトをインソール出来 それなりに多少は安全性が向上しますが、家電製品の場合それは 出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LEDランプは暮らしを壊す

 LEDランプは長寿命、省エネと勝手に国やメーカが 積極的に導入しましたが、ボロが出始めています。  長寿命、省エネなど単なるうたい文句でしかありません、 様々な環境下で使用する以上それに耐えうる必要がありますが それをせず、良い環境下での実験結果でしかない。  メーカもその事実を隠ぺいする姿勢です、LEDランプは …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

電力自由化は「健康被害」や「個人情報流失」の危険性があります

 4月から一般家庭でも電力自由化が開始され、様々な 業者から電気を購入できますが・・・・。  都会ではそれなりにメリットはありますが地方では余り メリットはないようです、そのメリットとは  ・ 電気料金が下がる    一概には言えません、逆に上がる可能性もあります。  ・ 電気の消費量を素早く把握でき、省エネに効…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テレビ番組を信じるべからず

 テレビ朝日系列にて「劇的ビフォーアフター」が長年にわたり 放映されています、この番組を見るのはそれなりに多少の 役には立つかもしれませんがそのまま信じるのは後悔します。  過去にこの番組で施工された住宅が裁判沙汰になったケースも 多々あります、全くの無知な素人はこれを本当だと信じ後々後悔 している方々も沢山います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅用火災警報器

 ほとんどの住宅には住宅用火災警報器が設置されている はずです、設置の義務はありますが、罰則規定はありませんが 一番大切で大事な命と住まいを火災から守るためにも設置 すべきです。  設置に関して現場を知らない無知な消防庁では寝室と階段上部に 設置する必要があるとの見解ですがこれは間違いです、火事はいつどこで 発生するか判…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お客様とは

 巷では旭化成建材が施工した横浜のマンション基礎工事の 不良事件が大いに話題になっています。  これ以外にいも多数の不良物件が存在するかもしれないので 情報公開を素早く公開するように求められています、その際 直接購入者に公開すべきかどうかが問題になっているのも事実です。  旭化成建材の立場でお客様は元請け業者であり、マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more