自宅を公開すべきではない

 自宅を新築した時にテレビ等に自宅を自慢げに公開している 人がたくさんいますが・・・・・  お止めなさい単なる自己満足でしかありません、それ以上に すばらしい住まいなど数え切れないほどあります、テレビ等 不特定多数に自宅や家族を見せて何の為になりますか プライバシーをさらけ出しているとしかいえません。  無能でバカ物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスマス イルミネーションは地球温暖化を助長させる

 クリスマスが近づき各家庭でもLEDを使用したイルミネーションが 年々盛んに行われているようですが全くのムダで電気のムダ使いです。  この行為は単なる自己満足でしかありません、道路を明るく照らし 通行人に貢献していると勘違いしている方々も沢山います、それなら 道路沿いに防犯灯を設置すべきです。  近所迷惑でしかありませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家庭環境は住まいの内外で決まる

 今年も残すこと1ケ月となりました。  大掃除をそろそろし始めていますか、大掃除と 言わなくても日ごろの掃除よりも少し念入りに掃除を されてはいかがでしょうか  住まいの外や内が綺麗なのは家庭円満であり、 家族の会話もあり、私生活に乱れが無い証拠です、 特に商売等をされている方は特に重要です。  店の廻りや事務…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台所「キッチン」と居間「リビング」を分離すべき

 数年前から台所「キッチン」と居間「リビング」をワンフロアーに 収めている住まいが大多数ですができる限り引き戸等で仕切るべきです。  その訳は台所「キッチン」で料理等の家事をしている際、自然に 臭いや家事の音が居間「リビング」に伝わり不愉快になることが あると思います。  敷地等の問題もありますが、敷地が広い住まいでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

換気扇は最低1年に1回清掃が必要です

 換気扇は最低1年に1回清掃が必要です。  台所に設置している換気扇やレンジフードは最低でも 年に2回清掃が必要です、特にレンジフードの場合外部に 取り付けてある屋外用フードも清掃が必要です、なぜなら 鳥や害虫が侵入しないようにルーバが設けています、その ルーバに油汚れが蓄積し、目詰まりを起こし換気能力を 著しく低下させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住まいの照明に十分配慮が必要です

 住まいの照明に十分配慮が必要です、間違っても単に明るさだけや 省エネ、デザインだけで照明を選択するのは間違いです。  TPOにあわせた照明選びをすべきです、また、年の1回程度の清掃も 考えて清掃しやすさや、ランプ交換の容易さも考えるべきです。  今日11月26日、あの無能人で不能人の安倍が省エネしか考えずに 白熱電球…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

応接間は必要です

 ここ十数年前から住まいが大きく変化し、ファミリィ主体の 住まいになりつつあります。  敷地面積が小さいのも原因ですが、それ以上に子供中心の 住まい形態になっている感じです、昔の住まいには必ずといって いいほど小さな応接間のような客人を入れる部屋がありましたが 最近はほとんど目にすることはありません、なぜ・・・・・・ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吹き抜け空間はよく考えて

 室内の一部を吹き抜けにしている住まいが多くありますが 後々のことも考えて吹き抜けにすべきです。  吹き抜けにすることにより開放感が生まれ広く感じられ 快適に暮らすことも可能かもしれませんが後々のメンテナンスの ことを考えると吹き抜けを控えるべきです。  吹き抜けの天井面と壁面との境にくもの巣やほこりが堆積します、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

個性のキツイ住まいは建てるべきではありません

 個性のキツイ住まいは建てるべきではありません。  どなたでも住まいを建てる際、一生その住まいで暮らすことを 前提に建築するはずです、しなしながらそのように暮らせないのが 現実のようです、なぜなら子供の成長や廻りの住宅環境の変化により 仕方なく住まいを売却し、転居することもありえます。  その際余りにも個性のキツイ住ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅用火災警報器

 ほとんどの住宅には住宅用火災警報器が設置されている はずです、設置の義務はありますが、罰則規定はありませんが 一番大切で大事な命と住まいを火災から守るためにも設置 すべきです。  設置に関して現場を知らない無知な消防庁では寝室と階段上部に 設置する必要があるとの見解ですがこれは間違いです、火事はいつどこで 発生するか判…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

庇は重要です

 20数円前から住まいの窓等に庇が設置されなくなりました。  その原因は解りませんが、デザイン重視の観点からだと 考えられます、庇は必要です、庇があれば少しの雨の場合など 窓を開けることができますし、また、夏の太陽光を遮るために 簾を取り付けることも容易にできます。  また、庇を設置することによ外壁の汚れを防止でき、窓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お客様とは

 巷では旭化成建材が施工した横浜のマンション基礎工事の 不良事件が大いに話題になっています。  これ以外にいも多数の不良物件が存在するかもしれないので 情報公開を素早く公開するように求められています、その際 直接購入者に公開すべきかどうかが問題になっているのも事実です。  旭化成建材の立場でお客様は元請け業者であり、マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

  もっと自分の住まいを大切に大事に活用すべきです。  今現状ではほとんどの方々が住まいを建てる迄一生懸命に 勉強や情報収集されますが、いざ住まいが出来上がった時点で その目標を失い、粗末に扱われています。  一生で一番高価な買い物であり、暮らすうえで一番重要な すまいをもっと大切に大事に取り扱うべきです、その為にも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すまいは見えない個所にお金を費やすべき

 すまいを初め建物全て見えない個所にお金を費やすべきです。  先日茨城県や栃木県の一部を襲った豪雨の中で決壊した 堤防の中でも建物が崩壊せず残った白い住宅が注目されています。  恐らく建物の一番重要で肝心な基礎部分が頑丈に施工され、 この豪雨にも耐えられたと思われます、建物を初めとして全て 基礎が一番重要で肝心です、そ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

屋根の材質について

 以前までは日本の屋根の材質は瓦が主流でしたが今は 様々な材質が販売、施工されています。  ・ 瓦屋根    一番耐久性に優れており、メンテナンスの機関も一番    長期です、神社仏閣を見れが解ります。    今は屋根に土を乗せない施工法になったので    重量も少しは軽くなりました。    一番実証されています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屋根形状に注意が必要

 建物で一番重要で、重視すべき個所は屋根だと思われます。  なぜなら一年中暑さ、寒さ、太陽光、雨、風、雪等にさらされ 一番経年劣化が激しく、痛みやすい個所です。  その屋根の形状にも日本には数多くの形状がありますが一番 メンテナンスの容易さからはシンプルや屋根形状にすべきです。 その典型的な形状は切り妻、片流れが一番シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

 デザイン重視の住まいは後悔します

 デザイン重視の住まいは後悔します。  特に屋外の屋根や壁面等はシンプルに建造すべきです、 あの丹下健三氏が設計した東京都庁、毎年の雨漏り等で 数億円規模のメンテナンス費用が発生しているとか、 もっとシンプルな屋根や外壁にすれば雨漏り等の被害は 少なくなります。  特に屋根や外壁等は年中、24時間何らかの影響をまとも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デザイン重視のすまいは失敗します

 デザイン重視のすまいは失敗します。  特に近年建築家や設計士によるデザイン重視のすまいが 主流となっていますが、この様なすまいに長年住み続けるのは 無理があります、なぜならデザインを重視するあまり経年劣化の 対策が不十分になります、また、住み手の年齢変化に対応できない 場合が多々あります。  住まいとはその住まいに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅は建ててからが一番重要です

 我が家を建てるのは人生一代の大事業かもしれません、 その大事業に関して余りにも無関心すぎます。  我が家を建てる前が夢で、色々と勉強されるようですが 一度建て終ると全く無関心になり、その後の清掃やメンテナンスなど 全く不要だと勘違いをし、お金を費やしていません。  どの高価な建物でも建築後から少しずつ痛み出します、特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すまいとは

 人生で一番の高価な買い物はすまいだと思います、 また、仕事や、家庭など生活する上で一番重要な 基盤ともいえるのがすまいだと私は考えています。  ただ残念な事にすまいに関心を持ち、注意深く自分の 考えに適したすまいを創られている方が少ないのが現実では ないでしょうか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more