住いつくりを再考すべき 

 最近の住いは余りにもファミリー中心的です。

 一昔までは応接間や客間がどの住いにもありましたが
最近ではほとんどその存在はありません、その代わりに
居間が中心となっています。

 果たしてこの様な住いで良いのか疑問が残ります、
また、それほど住いにファミリー要素が必要かも
疑問です。

 私が察するに恐らくこれらの家庭は本当に
家族同士の会話が無く、肌のふれあいがなく、
ファミリーではないから住いだけファミリー向きに建築し
他人にファミリーだとアピールしている感じでしかない。

"住いつくりを再考すべき " へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント