耐震よりも免震にすべき

 住宅の耐震化に補助金を増額するとのこと
果たしてその効果はあるのか疑問です。

 住宅の耐震化、現状では意味あるとは考えにくいです、
なぜなら設計段階で構造計算しますが、その計算式は
パソコンのソフトを使用しての計算です、以前ある建築家に
その旨を質問した時、返ったきた回答が耐震化して地震等で
崩壊した場合でも責任は取れないとのこと、なぜならソフトの
不備までこちらでは責任が無いと断言されました。

 今の耐震化仕様はダメです、柱や梁等をボルトや金具で
ガチガチに固定するのはダメです、寺院仏閣などほとんど
このような施工はしません、構造物に柔軟性を持たせ
地震に耐える構造体となっています。

 一昔前にはRC造の建物も耐震化といっていましたが、
今は免震化が標準です、金具やボルトで構造体を
ガチガチに固定するのは大変危険な行為です、
無能な建築家がするバカ行為です。

 建築家、設計事務所に住まいを依頼するのは
自殺行為です。

"耐震よりも免震にすべき" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント