壁内の冷気を遮断すべきです

 壁内の冷気を遮断すべきです。

 寒くなりと壁面に設置されているスイッチやコンセントの
僅かな隙間から冷気が室内に侵入します、その証拠に
スイッチやコンセントのプレートを外すと冷風を体験できます、
また、プレート廻りに汚れを見つけることができます。

 これらは全て壁内から室内へと空気が移動している証拠です、
昨今サッシュ廻りはペアガラス仕様が一般的になっていますが、
スイッチやコンセント廻りの冷気の遮断はほとんど行われていません。

 これからはスイッチやコンセント廻りの冷気の遮断を実施すべきです、
パナソニック社から防気カバーが販売されていますので信頼できる
電気工事店に設置依頼を。

 その防気カバーは
画像


 実際我が家ではすでに設置済で壁内からの冷気は全くなく、
壁の汚れもありません。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック