屋根の材質について

 以前までは日本の屋根の材質は瓦が主流でしたが今は
様々な材質が販売、施工されています。

 ・ 瓦屋根
   一番耐久性に優れており、メンテナンスの機関も一番
   長期です、神社仏閣を見れが解ります。
   今は屋根に土を乗せない施工法になったので
   重量も少しは軽くなりました。
   一番実証されています。

 ・ 金属製屋根
   今はアルミ成分を含んだガルバリウム製が主流ですが
   施工後10年を経過した屋根は一度点検をし、塗装の必要の
   有無を確認する必要がありますし、定期的なメンテナンスは
   絶対必要です。

 ・ カラーベスト
   主に都市部で見かけます、この屋根も10年を経過すると
   表面の塗装がはがれ、表面に粉を吹き出し、防水性も劣ります、
   定期的な塗装等のメンテナンスが絶対必要です。

 屋根の材質に関しては地域の気候と照らし合わせて選ぶべきです、
間違っても設計家や建築家の言いなりでは絶対後悔します。

 日本ほど屋根のデザインや材質に統一感がない国は珍しいです、
日本独特の良い物を見捨て、他の悪者を採用する気配が多すぎます、
この原因は無能な設計家や建築家の責任です。

 日本の設計家や建築家は実績や経験が不足してます、

 シンプルで建築する才能がありませんので複雑しにごまかしているのです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック