デザイン重視のすまいは失敗します

 デザイン重視のすまいは失敗します。

 特に近年建築家や設計士によるデザイン重視のすまいが
主流となっていますが、この様なすまいに長年住み続けるのは
無理があります、なぜならデザインを重視するあまり経年劣化の
対策が不十分になります、また、住み手の年齢変化に対応できない
場合が多々あります。

 住まいとはその住まいに長年住み続けるのを前提に考える
必要があります、その為にも簡易なメンテナンス、それに加えて
個性が強いすまいは飽きがきます。

 住まいは住み手の考えを十二分に考慮して設計すべきですが
残念なことにほとんどが建築家や設計士の考えだけで設計され、
住み手の考えなど二の次です、これらの住まいは住み手の住まいでは
なく、建築家や設計士のサンプル品でしかありません。

 小生も今までに大小6回ほどの増改築を含めてリフォームを実施
しましたが、いずれの場合でも自ら設計しました、なぜだか解りますか????
その答えは住み手である人のライフスタイルや行動、生活習慣、
趣味趣向など打ち合わせだけでは相手に伝わりません、自ら
設計してこそ本当の住まいだと思います。

 間違ってもデザイン重視のすまいはしないで下さい、必ず失敗します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック